安心のまつげエクステを横浜で

 
横浜でもまつげエクステを楽しみたい人が多いもの。 しかし、エクステ以外でもトータルで美しくありたいと願う女性にぴったりのまつげパーマ、ネイルやフェイシャル、リラクゼーションなども楽しめるラウレアは横浜・関内にあるサロン。



横浜のラウレアでは、それぞれの部門で、正しい知識はもちろんのこと、正しい衛生管理を身につけ、素晴らしい技術の提供と共に新しい知識や情報も提供できるよう努力を積み重ねているのです。それぞれの部門に経験豊富で丁寧なスタッフがいるためにリピーターが増えているのです。



不安材料となる一番のものはグルーと呼ばれる接着剤。グルーは、FDA認証のものを4種類用意し、まつげエクステの時は、その毛質にあったものを使用するために安心してご利用できますし、敏感肌の方でも使用できるよう低刺激のものも準備してあります。



経験豊富なスタッフが納得いく技術を提供できるよう、しっかりとカウンセリングも行ってくれます。不安を抱えたままで行う事はよくありません。



疑問に思う事を解決する信頼できるスタッフばかりですので、遠慮なく質問することをお薦めします。細かい配慮は女性ならではですし、女性だからこそ、こうしたほうがよいという視点も見えてくるため、その積み重ねで喜ばれるサロンとして成長しているのです。



まつげエクステをこれから始めたい人にも、今通ってるサロンに納得いかない方にとっても、心地よい空間で安心・納得の技術とサービスを受けてみてはいかがでしょうか。

横浜で腰痛とぎっくり腰に悩むなら整体へ


横浜の整体サンフラワーカイロプラクティックにて扱われる腰痛は、一生のうちに70%の方が経験すると言われているほどの症状です。
代表的なものはまず慢性的な腰痛です。


腰の筋肉のバランスが崩れていたり、腰椎や骨盤の歪みや、足回りの筋肉の硬さなどが原因となります。
腹筋側に問題があることで腰痛になるパターンや、足の硬さでなるパターンに、股関節の硬さから腰痛になるパターンなど様々なパターンがあり、柔軟性と姿勢のチェックを必要とします。


横浜の整体サンフラワーカイロプラクティックにてぎっくり腰も扱っているのですが、急激な痛みを生じることで通常の動作がほとんどできなくなる状態です。
ひどい場合は寝返りも打てずに、歩くこともままならない状態になります。


腰椎関節を原因とするぎっくり腰や、腰の筋肉がつっている場合や、椎間板を痛めている場合のぎっくり腰があります。
そして椎間板ヘルニアは、腰の骨と骨の間にあることでクッションの役割を果たす椎間板がつぶれて飛び出してしまった状態のことです。


腰痛だけでなく足のしびれが生じます。
さて、腰痛の中には、腰椎の一部が疲労骨折することで起きるのが分離症です。


分離した箇所が前方にさらに滑ることですべり症となります。
スポーツ選手に多くみられる腰痛です。


そして内臓疾患からくる腰椎もあります。
尿管結石からくる腰痛に、婦人科疾患からくる腰痛に、解離性大動脈瘤から起こる腰痛などがあるようです。

恵比寿eatableの女子会やランチメニュー


東京の恵比寿に2012年の4月にオープンしたeatableは、ランチやディナーはもちろん、女子会や歓送迎会に結婚式の二次会などのパーティープランを承っています。


会場の最大収容人数は最大で120名です。
各種音響設備やプロジェクターやスクリーンも用意しています。


女子会なども行える恵比寿eatableの平日のランチメニューとしてビュッフェスタイルのメニューを提供しています。
すべてのメニューに対してサラダバーにライスやパンにスープにコーヒーや紅茶がセットとなります。


ランチメニューは、特製生姜焼きに若鶏の唐揚げに自家製タルタルソースを添えたミックスフライがそれぞれ1000円でお届けします。
2種類の日替わりパスタは各900円、2種類の日替わりランチは1000円です。


そして本日のカレーは1000円にてお届けします。
それからゆっくりランチのセットでは前菜の盛り合わせに本日のメイン料理とデザートやビュッフェを含んだ料金で2500円にてお届けいたします。


恵比寿にあるeatableの平日のランチメニューでは、ランチタイム限定のドリンクメニューもあります。
恵比寿のeatableでは、女子会プランでなくてもそのオシャレさから女子に人気です。


ランチビールが450円、ランチワインが赤・白ともに450円です。
ランチスパークリングワインは700円にてお届けしています。


ランチタイムには通常のランチにプラス200円でソフトドリンクをつけることができます。
ドリンクセットで注文できる種類は、コーラにジンジャーエール、オレンジジュースにグレープフルーツジュースにアップルジュースです。



徳川家康

最後に全部美味しいところ持って行った良いとこ取り。そんな風によく言われるのが徳川家康ですが、戦国時代の彼は中々苦労な幼少期をを歩んでいます。幼少期の彼を一言で表すのであれば、それは「たらいまわし」と言う言葉がぴったりでしょう。


人質大名とも呼ばれていた徳川家康はその昔、人質として今川義元や織田信長の人質としてあちこちを転々としていたんです。まさに、時代に翻弄されていたと言っても過言ではないでしょう。また、家康を語る上で欠かせないのが江戸幕府です。約260年、アメリカが来航するまでこの幕府体制を維持していた基盤を築いたのは徳川家康です。また、鎖国を施行することで欧米各国からの侵略を未然に防いだことも忘れてはいけません。

鎖国下で唯一国交のあった西洋諸国はオランダだけです。当時同様に国交のあったスペインやポルトガルは、キリスト教宣教師の犯罪の多さや、怪しい動きがあったことから早々に締め出されてしまっています。

このとき、この鎖国を行っていなければ、恐らく他のアジア諸国同様に侵略されていたと言ってもあながち間違いではないかもしれません。また、鎖国時代の日本は天災や飢饉などに何度は遭遇はしたものの、比較的平和で穏やかな世であったと言います。一代で成し遂げるのはなく、一族が何代も続けて築いた世。それが、家康が発端となって作り上げた徳川政権だと思います。この江戸時代に作られた文化や書物、思想は今でも数多く残っています。

豊臣秀吉

織田信長は当時で言えば天下に最も近い人物と言われていた武将ですが、実際一番最初に天下を獲ったのは豊臣秀吉なんですね。ちょっとややこしいかもしれませんが、織田信長はあと一歩のところで明智光秀に討たれてしまったので、天下人にはなっていなかったんです。


農民から大出世を遂げた豊臣秀吉。出生が出生だけに、彼に親近感を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか?織田信長からは猿と呼ばれていたり、女性にだらしなくて、側室を大勢抱えていた秀吉ですが、立派な功績だってたくさんあります。今回挙げたいのは、キリスト教についてです。織田信長時代は認可されていたキリスト教は、豊臣政権に変わってからは一切の信仰及び布教を禁止しています。

それは一体何故でしょうか?実はこの時代、西洋からあちこちの国が来航していたんです。ポルトガル、スペイン、オランダ、イギリスなどが主ですが、ここに問題がありました。西洋各国が植民地化に力を入れていたのがその原因にもなります。植民地化の方法の一つとして利用されていたのがあのキリスト教です。

国内をキリスト教信者で満たして、政治的にもキリスト主体のものにして支配しやすく先導する。先だって日本でキリスト教を布教していたスペイン、ポルトガルには日本植民地化の目論見があったとも言われています。また、キリスト教信者による奴隷誘拐なども横行していたので、秀吉は全面的にキリスト教の禁止に踏み切ったんですね。これは、後の徳川政権にも受け継がれています。

織田信長

日本人ならば誰もが知っている織田信長。天下統一を目の前にして、部下に裏切られ悲劇で生涯を終えた織田信長には、様々な逸話も残っています。また、楽市楽座を開いたことでも名を馳せていますが、やはり一番有名なこといえば、戦で初めて鉄砲を取り入れたことでしょうか。

当時、日本が戦国時代に入ると同時に、外部からのアプローチがありました。ポルトガル、スペイン、オランダを始めとした欧米各国の渡来です。当時の日本は中国を始めとしたアジア周辺諸国としか国交がなかったので、この西洋からの渡来は日本にも大きな衝撃を与えました。このとき、ポルトガル人の持ってきたマスケット銃こそが、後の種子島銃のことです。種子島より伝わったこの銃に真っ先に注目したのが織田信長なんですね。

このときの織田信長はまだまだ天下からは遠い存在でした。当時の最強と言えば、精鋭の騎馬軍団を持っていた武田信玄です。この騎馬軍団に対抗する策として用いられたのがあの種子島銃であり、そして長篠の戦いに続くわけです。結果は知っての通り信長の圧勝。

この勝利がきっかけとなり、種子島銃は全国で流通するようにもなりました。また、織田信長は分け隔てのない人物でもあったようです。ポルトガル人が来航した際、ポルトガル人は黒人奴隷を連れていました。なんと信長、その黒人奴隷を引き取って側近にしてしまったんですね。まさかの大出世に、黒人本人も驚いたのではないでしょうか。

戦国時代において城の場所が戦況を決める

戦国時代で圧倒的に多い城と言えば山城です。書いて字の通り、山の上に建っている城のことですね。この山城は、戦国時代つまり安土桃山時代の初期まではスタンダードな様式として建築されていました。この山城の利点は、防御に強いということです。

山の上に建っているので攻めるにも一苦労ですし、地形を利用して布陣を敷くことも可能です。また、山の上に建っているということで領主の威厳を保つことにも活用されていました。しかし、それも戦国時代初期の話。時代を追うごとにこの山城はあらゆる欠点が浮上し、数十年の内にどこの領主も平地に城を構えるようになりました。

その欠点というのが中々致命的なもので、山の上にあるが故に民衆の支配が非常にしにくいというものです。また、同時期に流通し始めた火縄銃も、一躍買っています。と言うのが、山城と火縄銃は非常に相性が悪く、火縄銃で攻められた際には対抗策がほとんどないという致命的にもほどがある欠点があったんです。

戦国時代中期にもなると、火縄銃は既に当たり前のように普及し、戦術に関しても以前とは全く毛色の違うものが発案されるようになりました。このような過程を経て、かつて一世を風靡していた山城は廃れに廃れ、平地での城が当たり前になってしまったんですね。城は補給拠点でもあり、基地にもなりえます。戦いに関しては、城の良し悪しで戦況を左右することもあったので、城の構え場所を一つ決めるにしても、大きな決断を要することがあったようです。

鎧が最後のライフライン

博物館にもよく展示されている戦国時代の鎧。見た目は非常に重そうで、こんな重そうな鎧を着て本当に戦場を走られるのかと疑ってしまいそうになりますよね。では実際、これらの鎧って一体どれくらいの重さがあるのでしょうか?

鎌倉・室町時代の鎧はそれこそ超重量で、兜も含めて30kgを超えるものも普通に存在しましたが、戦国時代の鎧にもなると、そこそこに軽量化も進んで30kg以下の鎧も登場してきていたんです。その理由の一つとしては、西洋文化が日本に入る流通し始めたことが挙げられます。


欧米各国にとっては大航海時代にも差し掛かっていたこの時代は、鉄砲以外にもカステラ、医学、宗教以外にも、鎧も輸入されるようになったんですね。西洋の軽めの鎧を応用して、軽量化に成功した日本式に鎧も、この戦国時代には数多く作られてきました。それでも走るにしてはかなりの重さを誇る鎧。ここまで重くなっている理由は何でしょうか?


それはやはり、丈夫さを重視しているからです。刀や矢、鉄砲の攻撃を弾く鎧を作るには丈夫な素材がなければ何も始まりません。丈夫な素材は得てして重いものが多く、どんな攻撃にも絶えうる鎧を造ろうとなると、どうしても重くなってしまうんです。


しかしそこで文句は言っていられません。自分の命を守る大事な砦なんですから、お粗末なもので済ませてしまってあっさり首を獲られてしまうことだってあるかもしれません。鎧は、あらゆる意味でも武士にとっては生命線のようなものだったのかもしれませんね。

衣装事情を知る

戦国時代の衣装というと皆さんはどのようなものをイメージするでしょう。室町、平安時代などの衣装に比べて一見すると動きやすいものが多いです。肩衣、袴、小袖、指などがよく挙げられますね。所謂、時代劇に出演している偉い武将などは、袴を着ていることが多いようです。

また、袴姿は武家の正装と言われ、様々な形、種類の袴が存在していましたが、どれもこれもややこしいつくりになっていたお陰で、あまり普及しなかったようです。仮に着る機会があったとしても、儀式や式典などの儀礼的なものばかりで、日常的に好んで着ようと思う人もいなかったご様子です。現在、テレビや書物で見かける袴は、本来ある正式な袴をずっと簡略的にして、着易いように改良がなされたものです。

やはりいつの時代も、着易い袴の方が支持を得るようで、当時の戦国時代でも、こちらの着易く改良なされた袴の方が好まれました。袴は時代を追うごとにさらに簡略化され、豊臣政権化時代にもなると、かなりあっさりした袴も登場するようになりました。

こちらの改良された袴はやはり見た目的にも動きやすそうなので、着る側の人の目から見ても機能的に映ったのかもしれませんね。また、戦国時代というのも簡略化に拍車をかけたのかもしれません。華美に着飾るよりも、機能性を重視していなければ、いざ戦うときになっても上手く立ち回ることが出来ないかもしれません。時代と当時の服装を照らし合わせてみると、こんな風に分析も出来るので楽しいですよね。

戦国時代の姫、お市の方に迫る

今となってはもうお姫様の存在なんて遠い国にしかいないように思えてしまうかもしれませんが、戦国時代にもお姫様はいたんです。そこで疑問に思うのが、お姫様の職務です。戦国時代の当時は男尊女卑。政治もお家も全て男性主体です。

妻は三歩下がって夫の影は踏まないように歩く、なんて言葉も存在していたように、お姫様を始めとした女性の方々は表立ってあれこれすることはあまりありませんでしたし、望まれてもいませんでした。じゃあ、お姫様は何も仕事をせずに、ただ毎日ご飯食べて寝ていただけなんだ。と思ってしまいがちですが、そういうわけでもありません。

お姫様にはお姫様にしか出来ない仕事がありました。主に挙げられるのが、なんと言っても政略結婚です。これは戦国時代とは言わず、どこの国でも、どこの時代でもよく行われてきたことです。他国の有力者との縁を作ることで、さらに家を発展させる。その縁をつくるためにも、お姫様に嫁いでもらって外戚関係になる必要がある。昔はこれが当たり前した。現代でも、数こそは減ったものの、このような政略婚は今だに珍しいものではりありません。

有名どころで言えば、織田信長の妹、お市の方でしょう。彼女は政略結婚で近江の浅井長政に嫁ぎ、織田信長に有力な情報を流していました。浅井長政が織田信長によって倒されると、今度は信長の部下、柴田勝家に嫁ぎ、そしてお市の娘は豊臣秀吉の側室にもなっています。織田信長があまりにも有名すぎてお市の方の存在が薄れてしまいがちですが、お市の方がいたからこそ、織田信長もあのような躍進が出来たのではないでしょうか。

戦国時代の食事と飽食の現代

現在の日本はまさしく飽食の時代と言っても良いでしょう。スーパーに行けば毎日新鮮で美味しい食材がところ狭しと並べられていますし、ファミレスやファーストフードの行けば、いつでも温かい食事を摂ることが出来ます。また、価格だってそんなに高いものでもりません。

学生のお小遣いでも簡単に食べられる料理は、当然のことと考えがちですが、実は凄いことだと思うんです。夜にちょっと小腹が空けば、コンビニに行きますよね。そこでお菓子を買ったり、惣菜を買ったり、スナック類を買うことだってあるでしょう。

今となってはそれはとても当たり前のこと。でも、そんな当たり前のことも、ほんの500年前からすれば考えられなかったことです。例えば、卵。卵かけご飯や、目玉焼き、オムレツ、スクランブルエッグなどの卵料理は、朝食なんかでもよく食べたりしますよね。毎日絶対に一つは卵を食べる方もきっといらっしゃることでしょう。しかし、こんな当たり前のように食べている卵だって、戦国時代からすれば高級品です。

今で言うと、キャビアやフォアグラのような貴重な食材と似たような立ち位置にあったことでしょう。偉い戦国武将だって中々食べられないものです。唯一食べる機会があるとすれば、それは祝い事。新年を祝う時だったり、戦で勝ち鬨を挙げたときなどの、ごく限られたときのみです。白米にも同じことが言えます。当時はひえやあわなどが常食で、真っ白の白米なんて一生食べられない人もいました。今となってはにわかに信じがたいことですが、たった数百年違うだけで、食事もこんなに変わるんですね。

戦国時代の武将・伊達政宗の生涯

戦国時代の武将と言えば、それこそ数多く挙げられます。特に、日本では既に知らないものはいないとも言われる三大武将と言えばやはり織田信長、豊臣秀吉、徳川家康でしょう。

「信長がこね、秀吉のついた餅を、家康が食べた」なんて言葉もあるくらいに、戦国時代の歴史を語る上では、この三人は誰一人として抜けてはいけない存在です。しかし、これらの三人以外にも、後世に大きな功績を残した戦国武将はまだまだたくさんいます。


変わり者として有名だった伊達政宗はご存知でしょうか?独眼竜政宗とも呼ばれていた、伊達政宗。仙台には伊達政宗像があることでも有名ですよね。とても奇抜で変わり者で、新しいものや舶来品などが大好きだった伊達政宗は、当時の戦国時代の観点から見ても、中々どうして浮いている存在だったと言われています。


また、非常に優秀で戦いおいても顕著な功績を残していたことから、あと50年早く生まれていれば天下を獲れていたのは?と囁かれるほどです。そんな伊達政宗の過去はかなりの悲惨なものです。幼い頃に天然痘を患ったことから全てが始まりました。

右目に天然痘を発症した伊達政宗は、そのせいで母親から嫌悪され、苦悩の幼少期を過ごしたと言います。結局最後の最後まで和解することは叶わず、伊達政宗は生涯を終えました。武将としても非常に人気が高く、今でも特集を組まれるほどの知名度を誇る政宗ですが、このような波乱万丈ば人生も、彼の注目を集めている要因だと思います。

戦国時代の歴史と平成について

戦国時代と聞くと、織田信長や豊臣秀吉などが活躍した安土桃山時代が中心に上げられますね。この戦国時代は戦乱の最中。言ってしまえば、毎日どこかで戦いがあったと言っても過言ではありません。有名どころの戦いと言えば、桶狭間の戦い、長篠の戦い、関が原の戦いなどが挙げられますよね。

どれもこれも、日本の歴史を語る上では欠かせないものであり、今日までこれらの戦いの歴史に関する研究も進められてきました。しかしながら、戦国時代の歴史と耳にすれば、あまり良いイメージを持てない方ももしかすればいらっしゃるのかもしれません。

戦国と名前がついているだけあって、物騒なことばかり起こっていたのでは?毎日どこかで誰かが死んで、苦しんでいたのでは?今の世がとても平和であるだけに、戦国時代は暗黒期のように考えてしまうかもしれませんが、そういうわけではありません。

戦国時代に戦っていた国々、そして武将達は、何も自分が日本を思うままに支配してやろうという野望を抱いていたわけではありません。日本という国を衰退させないためにも、国を纏めて引っ張って行くリーダーが必要だと考える偉人がいたことも確かです。

戦国時代の武将が残した名言や格言が今でも多く残っていることが、当時の日本を憂いている証にもなるのではないでしょうか。その国を思う気持ちが、今の平成の世にまで託されている。戦国時代がなければ、きっと今の平成の世はなかったのではないかとも思います。